私が立っている場所

 2012-11-18
DSC09966_convert_20121118101302.jpg




昨日、新見市「手をつなぐ育成会」の研修会で、お話をさせていただく機会がありました。

新見市育成会の会長さん、新見市の教育長さんをはじめ、多くの方に大変ていねいなごあいさつをいただきました。

参加者は40~50人程度と伺っていましたが、会が始まると、会場はいっぱい、おそらくは50人を越えるたくさんの方にご参加をいただきました。


新見公立短大で非常勤講師をさせていただいたご縁で、今回の講演の依頼をお引き受けさせていただいたのですが、こうした晴れやかな舞台に私を押し上げてくださったことに、感謝の思いが心の中に広がっていきました。

短大では、毎週月曜日朝一の授業なのですが、学生さんたちは、それはそれは前向きな姿勢で課題に取り組んでくれています。

この日の講演でも、多くの方が、何度もうなずきながら話を聞いてくださり、改めてこの地この場所に立たせていただいていることを光栄に思うのでした。


講演が終わると、何と、いつも広島からレッスンにお越しくださっている女の子のお母さんが、ごあいさつに来てくださいました。

「一度ぜひ先生のご講演をお聞きしたいと思っていました。今回は近いので、参加させていただくことができました。」

近いって、広島からだと、どうやっても2時間以上はかかるはず・・

お気持ちを、本当にうれししく受け止めさせていただきました。


その広島のお母さんから、講演終了後に、さっそく以下のような内容のメールをいただきました。


SHINOBU先生、講演会お疲れ様でした。
お声をかけようか迷いましたが、お話しさせていただきました。
私が声をかけても喜んでいただけるかな?と思いましたが、
ちょっとびっくりさせようと思って声をかけました。
喜んでいただけたなら嬉しいです。

講演会を聞いて改めて、指導に対する先生の優しさや、凄さを感じました。
しっかりとした集団の居場所があるから、
個別支援が生きてくるんだと改めて感じました。
どちらが欠けても上手くいかない。
子どもにつけてやりたい自己肯定感も、他者からの評価で培われるんですね。
仲間からの評価はその子の宝物になるでしょう。

たくさんの実践例、スモールステップの大切さは、
先生が何千時間もされていることなので説得力がありました。
私がブログを読んでいるせいもあり、
どの子の事も、会ったこともないのに想像ができました。

一つの事ができるまでに
「ごめんねお母さん、ここまでくるのに3年かかった。」
「ここまでくるのに5年かかった。」
そんな思いで子どもたちに教育してくださってるんだと思うと
涙が出そうになりました。

長く指導できる個別支援の指導者ならではの言葉なんでしょうが、
その言葉を言える指導者も少ないと思います。
もちろん言われている子供たちはもっと少ないと思います。

この日も朝、夕とレッスンがあったようですが、本当に頭がさがる思いです。
どうかこれからも共に歩んでいってください。よろしくお願いします。
また講演会がありましたら、出席させて頂きます。
お忙しいので、お体には気を付けてください。
とても良い時間を過ごせました。
ありがとうございました





時計を見ると、午後4時45分、

新見からなら岡山まで、高速で1時間あまり、

これなら教室の6時からのレッスンに間に合う、

私はすぐに6時過ぎからのレッスンが可能であることをそのお母さんにお伝えし、足早に会場を後にしました。

「月に1度のSHINOBU先生のレッスンを、どうしても受けさせたい」

そんなお母さんのお気持ちに、何としてもお応えしようと願っていたからです。


午後7時36分には、今回石垣島から、教室を見学してくださる沖縄県の先生を、駅までお迎えに伺いました。

私に会うために、わざわざ岡山の研修会を選んでお越しくださったということでした。

厳しい日程の1日で、短い時間でのご案内で申し訳なくなく思いましたが、私の家に一晩、お泊まりいただくことになりました。



例えば、ある地域で講演をさせていただくということが、いったいどんな意味をもつのかということを、改めて私は、今回深く受け止めさせていただくことになりました。

ただ単に講演が済すめば、それで終わりというものではありません。

そういう責任を背負って、私はこれからも歩んで行かなければならないわけです。


そう言えば、石垣島の先生、

お仲間の先生も、偶然、私のブログを読んでくださっていたと、お伝えくださいました。

それに、この先生、どうやら隅からから隅まで私のブログをお読みになっているようで、ホント感心するくらい私のことをよく知っていらっしゃる。

ブログも、ここまでくると侮れないものです。


私のブログは、すべて実践の情報発信、

子どもたちとの実践なくしては、何も残らないことを、私は改めて感じた1日なのでありました。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1307-8a5ceb92
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

岡山教室

bnr_personal-okayama.jpg

Author:SHINOBU
白ゆり発達支援センター

okayama-shirayuri_175-60_hato_convert_20110331050720.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ