同時処理傾向の子の読解支援

 2012-10-31
DSC09929_convert_20121026182330.jpg




私は今、中学生の子に、毎週オリジナルの問題を作って、読解指導をしています。

中学生の子には、なるべく中学生の教科書の題材を使って、レッスンをしていきたいという気持ちがそこにあるからです。


友里ちゃんの読解指導は、小学校4年生の時から続けていますから、かれこれもう5年にもなろうとしています。

友里ちゃんがレッスンをお休みしたという記憶は、ほとんどありません。

これだけレッスンが継続できたこと自体に、まずもって私は大きな誇りをもっています。


友里ちゃんの読みは、基本、同時処理傾向の強い読み方です。

問題文のキーワードを目に焼き付けて、対応する地の文をサーチしていくような読みをしていきます。


今、「星の花が降ることに」(安東みきえ)という教材に取り組んでいます。

地の文には、「立ち上がって水道の蛇口をひねった。水をぱしゃぱしゃと顔にかけた。冷たかった。溶け出している魂がもう一度引っ込み、やっと顔の輪郭が戻ってきたような気がした。」とあります。

私は、この内容をとらえさせるために、「水を顔にかけた時、何が引っ込み、何が戻ってきたような気がしました。」という設問を与えました。

キーワードを中心に、こういう尋ね方をすれば、この子が楽勝で答えられることがわかっているからです。



1回のレッスンで、大体10位の設問を設定します。

イントロは、既習の力で十分対応できるものを、

そして、その日の中心発問は、キーワードを間接的な表現に置き換えるなどして、少し支援をフェードアウトして取り組ませます。

大体6・7問目に、中心課題を設定しておき、終末には自力解決可能な課題に取り組ませ、達成感をもたせます。


「SHINOBU先生と一緒に勉強していると、わかるから楽しい」

4年生の時にそう言ったくれた友里ちゃんと、ある意味読解指導1本で、5年間も一緒に学びの道を歩いてきた。


石の上にも3年と言いますが、さすがに5年も一つのねらいをロックオンして、それを続けることができれば、そりゃあ力は付いてきます。


逐次読みで、音読だけで精一杯、たとえ音声化できても何を言っているのかをつかむことが苦手だった友里ちゃんですが、今では当時のことを思うと、みるみる力を付けてきました。

かなりスラスラ読みになってきましたし、苦手だった音訓読替漢字や、慣用的な言い回しにも対応できる力が身について来ており、時々私を驚かせたりします。


私の方も、かなりポイントが分かってきたので、20分もあれば、その場で即興でオリジナル問題を作ることができます。

伸びてきている手応えさえあれば、そんなの負担でも何でもなくて、楽しいばっかりです。


今、生活面も含め、色々な困難な課題とも向き合っている友里ちゃん、

ご家族のご苦労も受け止めながら、だからこそ私がこの子にしてやれること、


「子どもの特性理解に基づいた楽しいレッスンの積み重ね」


そのコンセプトは、5年前も今も、決して変わらない大切なものであり続けたい、

この子と出会えたことで、私自身の気持ちが、より強く、より確かなものに変わっていったのですから・・




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1300-afeff917
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ