レッスンが終わっても 帰ろうとしない子どもたち

 2012-10-21
DSC09892_convert_20121021155346.jpg



昨日も今日も、わざわざ京都から来てくださる方がいました。

京都から何人もお越しくださるようになったのは、もともとは3年ほど前に、このブログを見て一人のお母さんが京都からお越しくださったのがきっかけです。

それが口コミで、一人二人と増えていき、今では京都からも何人もの方が来てくださるようになりました。


そういうことなら、何人か集まっていただき、私の方が京都におじゃまして、交通費をシェアしていただければ良いのではないか?

そういう発想で、京都でのレッスンがスタートしました。

今は、1日の定員8名でお願いしていますが、ご希望の方がたくさんいて、これまで何人もの方をお断りしてきました。

昨日、電話相談をいただいた方も京都の方で、来年1月3日の京都でのレッスンの空きに来てくださることになりました。

わざわざ選んでお越しくださることでさえ、ありがたいのに、こうした遠隔地からも足を運んでくださること、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


昨日、京都から来てくれた子もそうですが、姫路から来てくれた子も、広島から来てくれた子も、それぞれに生き生きと活動に取り組み、とっても気持ちのよいレッスンが出来ました。

あまりにも楽しくて、もっともっとやりたくて、帰るに帰れず、ダタをこねて泣き出す子もいました。

ここまで来ると、こちらの方も、何とも言えない気分です(苦笑)


県外から、何時間もかけ、安くない費用をご負担いただいているのですから、いい加減なことは決してできまさん。


昨日の午前は保育園の運動会、

午後からレッスン、そして電話相談を終えて教室を出ると、時刻は午後10時を過ぎていました。


でも、これだけの手応えがあると、逆に体調はいつになく、絶好調です。

月曜日には、短大での講義もありますが、それも何だか楽しみで、負担感はほとんどありません。


今日は、京都でずっとレッスンをさせていただいた子が、初めて岡山に来てくれました。

本当に楽しい、夢のような瞬間です。


このパワーを、私に与えてくれたもの、

それは、まちがいなく子どもの笑顔と、ご家族のまなざし、

その気持ちには、何としても応えていかなければならないと思っています。


この子たちが自己実現し、誰かのために力を尽くせる子に育てていくこと、

この子たちがそういう力と可能性をもった存在であることを、私はこれからも、実践を通して広く発信していきたいと願っているのです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1295-d1729787
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ