テクニカルとファンダメンタル

 2012-09-30
「すべての子どもに集団での学びと、特性に応じた個別指導の場を」

「まずは、学級集団にしっかりとした居場所があって、それでいて、それぞれの子のニーズに寄り添う豊かな教育の機会を」

5年前に、この活動を始めて以来、ずっと実践を通して、訴え続けた内容です。


その5年前の出来事だったと思いますが、就学のことである学校におじゃまして、「そもそも初めに分けていたものを、一緒にしてあげるという考えではなくて、まずはみんな同じ仲間、つまりインクルージョンの理念が大切だと思います」とお願いしたところ、「ここは日本です、外国じゃありませんから」と、教頭先生から一蹴されたことがあります。

この7月に、文部科学省から「共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進」という報告がされましたが、当時はまだ、インクルーシブという言葉も、今ほど一般的ではありませんでした。


私たちがこの先、進んでいくべき道は、はっきりとしているのです。

今回の文部科学省の報告は、見るべき人が見れば、かなり大きなインパクトとなることですが、それがそれぞれの現場にも、今すぐに同じ温度で伝わっているかというと、なかなかそういうわけにもいかない部分があります。

日本には、過去何十年という、分離教育の風土と文化があるのです。


この7月の報告によって、学校によっては、今年度就学の温度に少し変化が見られ始めたかなというのが、今の私の印象です。

これから向かう基礎的な方向性、いわゆるファンダメンタルな部分については、もはや揺るぎようがないと私は信じています。

ですが、この4月に就学するAちゃんの具体的な学びの場の構成となると、その一つ一つは非常にむずかしく、デリケートな内容です。

仮に理念が共通化していても、例えば運動会のリレーで、ハンデを付けるか付けないか、チームの構成をどう配慮するか、そういう具体の場面で、本当の価値観が見え隠れするものです。


ファンダメンタルな理念をしっかりと見据えた上で、リアルな現実の場面で、そのことを一つ一つ具現化し、積み重ねていく営み、そういうテクニカルな実行力を大切にしていきたいと思います。

百の理論より、一つの実践

私はご家族と一緒に、ずっとそのフィールドで、実践者として歩んでいきたいと願っているのです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/10/01 10:02】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1285-f4fd12bd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ