託すという母の役割

 2012-07-03
先々月まで、私の所でマンツーマンレッスンを受けてくれていた3歳の男の子がいます。

お母さんと、「そろそろ集団デビューですかね」 という話になり、先月からグループレッスンに仲間入りしてくれました。


↓ そのお母さんから、先日以下のような内容のうれしいメールをいただきました。



いつも御世話になっております。

今日は、久しぶりなので泣くと思いきや、たくさんのお友達を見て、照れくさそうに笑ってました。

給食も完食!トイレも失敗なし!

嬉しいビックリでした。バンザーイです。

そして、夕食でもいつも食べないおかずを出したのですが食べて、ご飯はお代わりまでしました。

嬉しくて、嬉しくて。

トイレも、聞かなくても自分からトイレ行く!と、言う回数が増えました。


先生には、今日お話しましたが、最近の息子は、意思疎通、コミニケーションが上手くなり一緒に何かをする事が親子で楽しくて仕方ありません。

勿論、嫌嫌、言うこと聞かず怒る事もありますが以前のように、息子を叱った後本当にわかってるのかな?と不安で落ち込む事も減りました。

きちんと、場面に合ったごめんなさい。ありがとう。いや。が自分からいえるようになりました。

よく笑い、怒り、泣き、悲しみ。

色んな可愛い息子を見ることが出来るようになり、嬉しくて仕方ありません。

息子を見ていて、特に思うのが、自分に自身がついてきて、意思表示が上手くなってきてます!


SHINOBU先生のマンツーマンレッスンで沢山の自信を頂いたのだと思います。

息子は、SHINOBU先生を含め沢山の先生方に出会えて見守って頂けているお陰で今、グイグイ成長しているのだと思います。有難うございます。(親ばか目線ですみません。)


次は、集団生活で沢山学んでいってもらえたらと!

先生! これからも、ビシバシ宜しくお願いします。




きっと最初の頃は、お母さんと離れにくかったり、初めての環境で、緊張したりとまどったりすることも多かったとは思います。

でも今では、みんなと一緒の活動の中で、だんだんと持ち味を発揮できるようになりました。


私、助言はさせていただきましたが、最終的に決めてくださったのは、ご家族の判断です、

まさに、絶好のタイミングでの、決断であったのだと思います。


赤ちゃん体操を卒業して、そのままグループレッスンにデビューしてくれる子、

赤ちゃん体操から、音楽療法へと進んでいく子、

マンツーマンレッスンから、グループレッスンに向かう子、

そして、就学を機に、ケアリングレッスンに参加する子、教科学習を中心としたマンツーマンレッスンを受ける子、

進むべき道は、その子によって、それぞれです。


それぞれの育ちのストーリーの中で、それぞれの育ちの課題に合わせて、信頼して託せる教育の場を選ぶことは、家族として最も大切な営みの一つです。


みんなと一緒に、よくがんばったね~

そう言って、かわいい我が子を抱きしめる母の姿、

これぞ、聡明な母の一つの姿なのではないかと思っています。


母には、母にしかできない大切な役割があります。

すべてを自分だけで丸抱えしてパンクしてしまうのではなく、信頼できる指導者を選び、しっかりと我が子を託すということもその一つです。

その判断があればこそ、絶対無二の母の愛が生かされてくるのです。


先週、京都に行ったときに、あるお母さんから、「よそでは10分も活動に集中できない子が、どうしてここでは40分も集中して活動できるのか、不思議で仕方がない」と、おっしゃってくださいました。

このお母さん、まだ京都でのレッスンを始める前に、何回か岡山にお子様を連れてきてくださいました。

その頃は、幼くて、かわいいくて、まだたたみの部屋ではい回るような感の子じでした。

でも、こうした母の決心と行動と力がきっかけとなり、私は定期的に京都に行かせていただくようになったのです。


そういうことを、この子が感じないわけがありません。

私の一挙手一投足には、こうした普通ではない母の願いが込められているわけです。

だからこの子は、ここではがんばる、がんばることができる、

私は、そんなふうにとらえています。


教育とは、保護者と指導者の相互の信頼関係があってこそ、初めて成立するものである、

その言葉は、今でも片時も忘れることができません。


ご家族との信頼関係の深さは、教育内容のクオリティと強い相関がある、

そのことを数値化して、実証することは出来にくいかも知れませんが、まちがいなくそれは真実であると、私は感じています。


出会った方々と、ていねいに信頼関係を築いていくこと、

そのことを通して、私は一人でも多くの方に、その大切さを伝えていきたいと、心から願っているのです。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1236-2d404be5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ