はじめの一歩

 2008-02-15
今日,あるお母さんが相談に来られ,個別学習の支援を開始するお約束をさせていただきました。これまで,学校の教師として何人もの児童とかかわってきましたが,一民間人として指導に当たるのは,初めてのケースとなりました。お母さんの期待を感じているだけに,週に1・2回といった限られた機会の中で,どれだけのことができるのか,不安に思うことも少なくありません。しかし,逆に1年2年3年と継続的に,計画的に指導を積み上げていける利点もあります。特別支援教育の理念や理論を語る専門家は山ほどいるけど,それを具現化するのは容易なことではありません。子どもが集団の中で伸びていくために,個別にどんな指導をすればよいのかを,実践を通して明らかにしていきたい。そして,個別の支援を必要とするお子さんの保護者の希望が,現実の学校現場でダイレクトに実現できる道筋を付けたい。これが,子どもの育ちと学びに携わる者としての最後の夢となり目標となりました。その「はじめの一歩」が,今日スタートしました。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/12-4ddeb9d7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ