それぞれの旅立ち

 2012-03-28
DSC09511_convert_20120328104006.jpg

DSC09512_convert_20120328104030.jpg





私がこの活動を始めて4年になりました。

当時、就学前であった子は、今や立派な小学生、

低学年だった子は、もう高学年、

そして、当時中学年だった子は、中学生になっていきます。


先日、その一人が、お母さんと一緒に私の所を訪ねてくれました。

大好きな電車の絵を描き、それを額に入れ、手紙を添えて私にプレゼントしてくれました。


「オレ、頭がよくなりてえ~」

いつだったか、そう言って、大粒の涙を机の上に落としたこともありました。

今やすっかりとたくましくなったこの子は、この3月をもって、私の所を卒業することになりました。


早速、描いてくれた絵を、入り口の所へ飾ってみました。

すると、今度年長組になる男の子が、すぐにこの電車の絵に注目していました。

やっぱり、印刷ではない、手描きの絵はインパクトがあるのですね、

この所、急速に言語面での伸びが感じられる男の子、

何か通ずるところがあるのか、食い入るようにこの絵を見ていました。


この日、初めて私の所へご相談にお見えになった方がいらっしゃいました。

まさに、数年前にここへお越しくださったお母さんと、同じ瞳の色をされていました。


季節は春、

それぞれのお子さんが、それぞれのご家庭が、やがて来る新しいステージへ向かわれようとしています。


この子とは、2週間に1回のレッスンでしたが、4年近く、ずっとこの子の先生であり続け、ご家族と一緒に歩んでいくことができました。

本当に、こんな晴れやかな日を迎えることができるなんて、信じられないような気持ちです。


4月から、この時間帯には、うちの保育園を卒園した、新1年生が来てくれることになっています。

この子を小学校卒業まで、私を必要としなくなる日がやってくるまで、育て上げることが出来るでしょうか?


先生は、君に続く子を育てなくてはいけません。

君が描いてくれた絵は、ずっとこの教室に飾っておきます。

だから、だから、いつまでも自分らしく、このレールのように、未来に向かって、まっすぐにまっすぐに伸びていってほしいと願っています。


ありがとう、

君と過ごしたたくさんのあゆみは、いつまでも先生と、後に続く子たちの宝物となるのです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1188-d058a84f
  • まとめteみた.【それぞれの旅立ち】【まとめwoネタ速suru】
    私がこの活動を始めて4年になりました。当時、就学前であった子は、今や立派な小学生、低学年だった子は、もう高学年、そして、当時中学年だった子は、中学生になっていきます。先日、その一人が、お母さんと一緒に私の所を訪ねてくれました。大好きな電車の絵を描き、そ...
【2012/03/28 15:41】
  • まとめteみた.【それぞれの旅立ち】【まとめwoネタ速suru】
    私がこの活動を始めて4年になりました。当時、就学前であった子は、今や立派な小学生、低学年だった子は、もう高学年、そして、当時中学年だった子は、中学生になっていきます。先日、その一人が、お母さんと一緒に私の所を訪ねてくれました。大好きな電車の絵を描き、そ...
【2012/03/28 15:41】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ