縦の軸で子どもを育てるアプローチ

 2012-03-12
先日から、6年生の男の子が、私の教室に通ってくれるようになりました。

当該学年の漢字も正しく書くことができるし、わり算の筆算も正しくできる、

学習態度も、とても熱心な子です。


なので今回は、分数の問題にチャレンジしてもらったのですが、まだ分数の意味はきちんとつかめていないようでした。

ならばということで、パソコンソフトなどを使い、基礎の基礎から分数の学習を始めることにしました。

これまで分数の学習機会があまりなかったのかも知れませんが、手順に従い、ていねにに学習を進めれば、どんどんステップアップしていくことができます。


個別指導のいい所は、何といっても、オーダーメイドで、その子の学びのストーリーに沿った柔軟な学習計画を立てることが可能だということです。

例えば、分数と決めたら、小さい学年のおさらいから、目標とする所まで切れ目なく指導を継続することができます。


5年生の花子ちゃんは、1年生の時から私の教室に通ってきてくれています。

もちろん、週に1~2度のレッスンですから、学校での年間1000時間以上の授業と比較することはできません。


でも、私はずっと、直接花子ちゃんの学びのあゆみを見つめてきましたし、きっとこれからもそうです。

特に教育的なニーズがある子の場合は、こうした縦の軸での学びが、もっともっと豊かに構成されてもよいのではないかというのが、私の活動の大切なメッセージの一つです。


集団の中にしっかりと学びのメインステージがあって、その上で、その子の特性に応じた内容豊かな個別の学びの場を構成していきたい、

それが私の夢であり、ライフワークとなっています。


そのための小さな毎回のレッスンの積み重ね、

私が、最も大切にしている時間がそこにあるのです。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1179-89a883e6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ