私の願う あなたの自立の形

 2012-01-25
さすがの私にも、調子の悪い日はあります。

今日はダメだ、休んで体調を整えよう、レッスンをお休みにさせていただこうと思ったことが、何度かあります。


すぐに皆さんに連絡しなくっちゃ、と思い教室に入ったとたん、スイッチが入る自分に気がつきます。

副交感神経モードが、交感神経モードに変わる瞬間なのでしょうか?

これなら、今日一日はがんばれるかも知れないと思い直し、無理やりハイテンションに切り替え、すぐにそのレッスンの準備に取りかかります。


こういう日は、気合いMAXでなければ乗り切ることができません。

なので、体調が悪いにもかかわらず、そいいう日のレッスンは、大概うまく行きます。

終わってみれば、体調もいつも通りに戻っている、

この時の達成感たら、他では代えられません。、

そんな体験を、これまで何度もしてきました。


実は私、自分自身を欠陥人間だと思っています。

そんな私が、唯一、誰かのためにお役に立てる時、

それこそが、レッスンの時間そのものです。


もし、それがなければ、私は、単なる欠陥人間のままです。

こんな自分だからこそ、決してレッスンをおろそかにすることはできません。

そのことは、自分自身の存在を否定するのと、同じことだからです。


私の決意の深さも、才能も、そのエネルギーも、実は自分自身のこんなネガティブな側面の裏返し・・・

逆に言えば、これがあるからこそ、私は今、他の人にはできないことに取り組むことができているのです。


欠点や課題は、ある意味大きなエネルギーになることだってあるのです。

重度の課題を背負っている子ほど、きっと他の子にはない、何か大切なことが培われているに違いない、

私は、本当にいつもそう思っているし、その可能性をずっと信じたいと思っています。


何かのことで、自分が誰かの役に立っている、

そう思えない限り、その子の自己理解力は培われないし、その子の命も輝かない、


私の仕事は、私自身がそうであったように、

あなたの良さを一緒に確かめながら、あなたにしか出来ない大切な役割を、共に探していくこと、

その力を、共に培っていくこと、

私の目指すあなたの自立や社会参加の形は、このようなものであるわけです。


そのために、私がなすべき役割、

今日もまた、たくさんの子どもが私のところに来てくれます。

小さくても、大切なことをきちんと見据えながら、

これからも、ずっとその子たちと一緒に、前を向いて歩いていきたいと、願っているのです。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1153-7e4ea68f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ