通常級という選択

 2012-01-16
いつだったか、あるお母さんに、

> お母さん、通常級で正解だったですね

と、お伝えしたことがあります。


その子が3年生くらいの時だったでしょうか?

その時、母さんの目頭はみるみる熱くなり、大粒の涙がこぼれはじめました。

就学に際してのご苦労が、いっぺんに脳裏をよぎって行かれたのでしょう、

痛いほど、そのお気持ちが伝わってきました。


この4月、

同じような時から、同じようなタイミングでサポートさせていただいている、2人の男の子が就学を迎えます。

もう、3年近いお付き合いです。

奇しくも、一人は通常学級、もう一人は支援級を選択されました。


どちらが正しいとか、どちらが良かったとか、言えるわけがありません。

それぞれに良さがあり、それぞれに課題があるわけで、大切なのは、それぞれの歩みの中でその子がどう育ち、どれだけ豊かな時間を過ごし、どれだけそれがその子の幸せにつながっていくか、その中身が大切なわけです。


それでもあえて、通常級を選択されたご家族、

それでもあえて、支援級を選択されたご家族、

それぞれ、その選択の背景に、深い思いと熱い気持ちが見え隠れしています。

私が理解し、サポートさせていただきたいのは、まぎれもなくその思いであり、その気持ちであるわけです。


今は、どちらに重心を置くかということであって、より柔軟な教育の場の構成を工夫されている学校も多いようです。

実際に、支援級在籍であっても、通常級にランドセルを置いて、そのまま1日中通常級で過ごしている子を知っています。

逆に、通常級在籍であっても、週に何度か、担当の先生と行き届いた個別指導の場のあるケースも知っています。

どちらも、開いた口にまんじゅうが落ちてきたわけではなく、ご家族の深い思いと熱い気持ち、そして献身的なご努力が、やっとの思いで、形となって現れてきたのです。


「すべての子どもに、集団での学びと、特性に応じた適切な個別指導の場を」


あなたは、かけがえのない、うちの学校の大切な一員、

集団の中にしっかりと居場所と存在感があって、

それでいて、それぞれの子の特性に応じた行き届いた個別指導の場がある、

それが、このブログを開設以来、ずっと追い求めてきた教育の形です。


その子のもっている可能性を最大限に伸ばす、

発達にはいわゆる臨界期というものがあり、可塑性の高い時期での1時間1時間の授業は大切です。

この子たちの1時間は、特に大切な時間でもあるのです。


一方で、地域の同年齢集団の中での所属感、社会的な体験の積み重ねなどは、それぞれの教科学習が大切であるのと同じように、オフィシャルが学校でしか培えない大切な内容です。

あとで、別の機会にというわけには行かないのです、


長い学校生活の始まり、

ぜめてそのスタートの1年だけでも、

みんなと過ごす大切な時間を、1秒でも多くとってあげたい、

私には、そんなご家族の切なる願いが、痛いほど伝わってくるのです。


これから、歩んでいく道はそれぞれです。

それぞれが歩んでいく道は、百万通り、

たとえどの道を歩んでも、目指す頂きは、たった一つ、


あなたがいてよかったと、みんなに認められ、

自分の存在が、誰かのために役立っていることを、その子自身が感じとれる所まで育てること、

その子の自立や幸せといった中身を、私は、そんなふうにとらえているのです。


どんなに重く困難な課題に立ち向かっている子でも、その子が社会で果たす役割は、必ずあると私は考えています。

あなたの命の輝きが、

あなたの日々の歩みそのものが、

どれだけ私自身の魂を揺さぶり、それまで出来もしなかった内容を切り開かせてきたことでしょう。


君に出会えて、本当によかった、

今の私のエネルギーのすべては、こうした子どもたちの育ちに支えられている、

子どもを育てることこそが、教育の専門性、

その大切なスタートの時期が、まもなく始まろうとしているのです。



この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2011-1-18)




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/06/15 18:50】 | # | [edit]
上記コメントのお返事を頂けたかわかりませんが、もしかして届いていない可能性もあるかと思い再度コメントさせていただきます。
記載アドレスへ送信できないようでしたら、こちらのコメント欄でも構いませんので、よろしければお返事ください。
【2014/06/18 06:43】 | H #- | [edit]
メールを送信させていただきましたが、うまく届いていないようですね。

ご相談については、可能であれば日時を調整してお越しいただければと思います。

電話相談等につきましては、下記アドレスをご覧ください。

http://okayama-shirayuri.com/?page_id=21
【2014/06/19 07:47】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1145-ebb4f197
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ