FC2ブログ
 

友達を育てるという何よりも大切な支援(インクルージョンのつぼ)

 2008-05-17
現在指導をさせていただいている1年生のお子さん。Dr.から「通常学級は無理」と言われながら、お母さんの強い決心で、今、通常学級で勉強を続けています。

これまでにも、いろいろな事件?や出来事もありました。

でも、お母さんの表情も、男の子の表情も、私には輝いているように見えます。正直、入学前に、ここまでうまく行くとは、思っていませんでした。

何よりも大きかったのは、1年B組の先生の存在・お人柄です。人は外見で判断できないとは言いますが、入学式の前日、お会いした瞬間に、お母さんと目を合わせて、思わずガッツポーズをした感覚に、何の偽りもありませんでした。

期待通り・期待以上の先生でした。

何がすばらしいか?何がありがたいか?というと、何をさしおいても、クラスになくてはならないメンバーの一人として、大切に考えてくださっている。受け入れてくださっている、ということです。

こういう先生ですから、きっと他の子どもからも絶大な信頼を受け、多少のトラブルがあっても、やんちゃな子どもがいても、それぞれの子どもの目が輝いているクラスであることが、まるで目に浮かぶようです。

先日、この先生のクラスにいる男の子と女の子に「小学校の先生、優しい?」と尋ねました。

二人とも、うちの保育園の卒園児で、今、二人とも放課後学童保育に来てくれています。女の子の方は、保育園からのクラス分けの時、意図的にくっつけたわが保育園のエース児です。

「うん、やさしいよ」「すごい、やさしい」男の子も女の子も、パズルをいっしょにしながらでしたが、満面の笑顔です。

ちょっと待ってよ。君は言語の遅れがあったはず。何このコミュニケーションの流ちょうさ。どこで覚えてきたの?それ、って思わず言いたくなりました。(笑)

先生もすばらしいけど、この女の子は本当にすばらしい。過去の実践の中でも、成功の陰には必ずこういった友達の存在がありました。

ある意味、この女の子は、指導者の価値観を知らず識らずのうちにそっくり受け入れているのだと思います。

まずは、うちの保育士が、小学校に入ったとき、この子にどういうことを期待していたか?おそらくは直接そんな言葉かけはしていないだろうけど、1年間の指導を通して、その心はしっかりと、その女の子に根付いていたのだと考えています。

そして、それとまったく価値観のずれていない小学校の担任の先生のクラスづくり・学級経営。

女の子は、男の子を同じクラスの一員として、同じ保育園の卒園児として、大切な存在として男の子を受け入れ、何の迷いも気負いもなくごく自然に、それでいて、私が目を見張るような気の利いた支援を、自然にしてくれています。

支えるときは支え、教えるときは教え、やらせるときはやらせる。その塩加減は、もはや名人芸の域です。しかも、無料で、連帯感や同一性もある。おまけに、一日の大半を、同じ空間で過ごしている。

教員免許をもっていても、この女の子のようにできる先生は、そうはいませんよ。もしかしたら、私にもできないことかも知れません。それくらい、友達の存在は重要です。通常学級で学ぶ意義がそこにあります。集団で学ぶ価値がそこにあります。

協同学習風にいうと、メンバーシップがあり、責任と役割を共有し、同一の目標が設定され、支え合い運命を共有している存在、ということでしょうか?

この子の存在は、決してラッキーパンチではありません。集団で育つことの大切さや理念が保育や教育活動を通して、子どもの心に響いているかどうか?ということだと考えます。

そして、こういう子どもを育てること・こういう集団を育てることこそが、先生の仕事そのものなんだと思います。先生は一人なので、個別指導は、物理的に不可能なことは、明白です。たまに必要な時もあるでしょうが、無理して個にばかりかかわろうとすると、学級は崩壊します。学級が崩壊すると、多くの子どもが痛みます。

その女の子のお母さんに、こうしたことを伝えると、「えー、そうっだって。信じられないー」とお子さんの顔をのぞき込みました。笑い声のたえないご家庭のようすが、瞬時に思い浮かんでくるような気持ちになりました。

人は、集団で生きる存在でしたよね、

私は毎日、学童保育で、こうした子どもたちの姿を見るのが、楽しくてたまりません。



FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします


コメント
本当に先生の存在は、おおきいものであり 周りの友達も大切さがあります!
【2008/05/17 07:24】 | #- | [edit]
そのことは、教育の大切さそのものような気がしますね。きっと、計算や漢字以上に大切なものがあるような気がします。
【2008/05/17 10:02】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/114-f2cfebc1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫