学習してきたことが 統合化される時

 2011-09-21
DSC09113_convert_20110921132712.jpg


花子ちゃん (小5) の目標は、わり算の筆算ができるようになることです。

この目標は、私も共有化しており、レッスンごとにこの目標に向けて一緒に歩んでいるのです。


花子ちゃんは、視覚認知にやや苦手な部分があって、低学年の頃は、やりたい気持ちがあるのに、なかなか勉強が思うように進まなくて、何度も大粒の涙を落としたものでした。


あれは、2年生の時だったでしょうか?

SHINOBU先生とだったらきっとできる、と思ったのでしょう、

学校でもらった漢字ドリルを開いてみたものの、小さくて画数の多い文字に、思うように学習が進まない・・

その時の落胆した表情は、以後、私の脳裏から片時も離れることはありませんでした。


それから3年経った今、

書字にかかわる課題は、大きく改善されました。

あれほど大変だった漢字学習も、実態に合った学習内容を提示することによって、着実に学習を積み重ねていくことができるようになってきました。


もちろん、クラスのみんなと比べれば、まだまだ苦手な所も多いのかも知れません。

でも、花子ちゃんは、ここでの学習をいつも楽しみにしてくれています。

4年生の、山の学習から帰ったその日、目一杯疲れた体を引きずるようにしてまで、どいしたもここに来たいと言って足を運んでくれたこともありました。

漢字ドリルのことがあります。

私には、その気持ちが痛いほどわかるのです。


先日、4位数×1位数の筆算の問題をした時、

繰り上がりが何度も何度も重なり、相当ハードであったに違いないのですが、うっすら涙を浮かべながら、歯をくしばって最後までやり遂げた根性に、私の方が目頭が熱くなってきました。


この子のために開いた教室が、以後100人を超える子ども達との出会いにつながっていったのです。

先日、レッスンが終わったあとで、あるお母さんから次のような内容のメールをいただきました。




先日は、ありがとうございました。
教室を出てから、
「今日は頑張ってたね~。いっぱいプリントしたんでしょ?」
と言ったら
「うん。今日は何か集中力があったんよ!」
と嬉しそうに言います。
「なんか、夢がいっぱいあったんよ!」
だそうです(笑)

夢?夢って何??何が見えたの?何を感じたの??
と聞いてみたかったのですが、
そのあたりは、語ってもらえませんでした。

でも、先生と勉強するときは
きっと、心の底のほうから
私は、出来る!っていう自信が沸いてくるんじゃないかなと思います。

ありがとうございます。





学習の内容自体もそうですが、私は、この日のレッスンでどうしてもこの子に届けたいメッセージがありました。

そのことが、「夢」 という言葉で、ダイレクトに跳ね返ってきました。

その夢があるから、どんなに苦しくとも、歯をくいしばって前に進んでいくことができるのです。


中学生になった友里ちゃんが、最近、ちょっと変わってきています。

友里ちゃんも、小4から中1まで3年以上も一緒に勉強してきましたが、小学校で教えた色々な学習内容が、今統合化されてきているのです。

その時に何となくできていた概数や面積、漢字や言葉の使い方などを、パソコンやプリントなどの学習で足固めをしているように感じています。


「先生の所に来たら、勉強分かるから楽しいんよ」

4年生の時から、中学生になった今でも、ずっとこの子はこう言います。


この子、エンジンかかり始めたら、いつまでも勉強続けます。

短い時間で、すぐに色々なことがパーンとひらめくということはありませんが、環境さえ整えてやれば、何時間でも勉強したいというタイプです。

こういう子にも、完全習得のスモールステップ、もしくは十分な支援で達成感をもたせるプロンプトフェーディング法による学習が効果的であるように思います。


一人の子の育ちには、多くの優れた指導者との出会いが必要です。

私は、自分のなすべき役割をしっかりと認識し、自分ならではアプローチ方法で、わずかであってもそのお子様の学びと育ちを支えていきたいと願っています。


3年・4年と同じ子の指導にあたらせていただける幸せ、

これからも、私はこの仕事に、夢と誇りをもって取り組んでいきたいと願っているのです。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1083-16f5be11
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ